【コースの概要】

プログラム

【コースの枠組み】

 

  • コースは5日間にわたって小規模のRCGP指導医養成チーム(通常は2人)によって提供されます。セッションは講義、インタラクティブなエクササイズ、ワークショップ、課題、そして省察の組み合わせです。

  • それぞれの学習を通じて、受講者は教えることと学ぶことへの自身のアプローチを探求することができます。

  • コース終了時までに、受講者は自分自身と学習者の教育に対するニーズ、そして、それをどのように満たすかについて、明確な全体像をつかむことができるはずです。

  • RCGPは、受講者が学習プロセスに積極的に参加して経験を共有しやすいように配慮し、参加者に対して促進的な教育と学習のモデルをお示しします。

 

【受講の対象】

 現在または将来の現場の臨床指導医および教育責任者で、家庭医/総合診療医としてこれから働く医師を訓練および支援する予定の方を対象とします。

© 2019 日本プライマリ・ケア連合学会